簿記の教室メイプルpresents

簿記1級

簿記1級第4期生(2020年7月スタート)クラスについて

2020年7月より、簿記1級第4期生クラスをスタートします。

講座の内容を紹介させて頂きます。

 

【カリキュラム】

1.基礎学習期

簿記の教室メイプルtwitter校用のテキストを用いて学習していきます。
教材は、テキスト、個別問題集、総合問題集、確認テストを講座専用グループウェア(ラインワークス)からダウンロードして頂き、学習して頂きます。
ユーチューブの限定配信による動画解説もあります。
テキスト学習後に、該当論点を固めるための個別問題集、該当箇所以前の内容を忘れないようにするための総合問題集を解いて頂き、各回ごとの確認テストにチャレンジして頂きます。
学習期間はおよそ6か月を想定しています。

2.試験対策期

基礎学習期が終了したら、試験対策期に入ります。過去、出題された標準的な個別問題レベルの問題(メイプルオリジナル問題)を解いて頂き、動画解説で解き方の手順や下書用紙の作り方を学習して頂きます。ある意味、ここが最も重要な期間になると思います。独学では、基礎学習期に相当するテキストや答案練習期の過去問題、予想模試は入手できると思いますが、その間を繋ぐ教材がなかったり、勉強の進め方がわからないというのが最大のネックだと思います。また、その間が簿記1級は途方もなくかけ離れているので、そこを繋ぐとても貴重で意味のある講座です。
学習期間はおよそ3か月を想定しています。

3.答案練習期

試験対策期で解答の導き方を習得した後に、いよいよ答案練習に入ります。ここでは、試験と同じように商会工原の問題を制限時間内で解いて頂きます。その後、動画解説を見て復習して頂きます。
学習期間はおよそ3か月を想定しています。

 

【受講期間】

受講期間は2021年6月の試験までです。ただし、2021年6月の試験で結果の出なかった方は、基本的に有料となりますが、上級クラスを用意したいと思います。

 

【目標試験期】

第4期生は2021年6月試験合格を目標とします。

 

【受講定員】

第4期生は10名とします。

 

【受講資格】

基本的に簿記の教室メイプルtwitter校の簿記2級第3期生及びそれ以前にtwitter上で私(南)と質問のやり取りをさせて頂いた方とさせて頂きます。他の級もそうですが、簿記1級はそれ以上にお互いの信頼関係が必要になるからです。また、生徒さん同士のコミュニケーションも重視しているからです。なので、場合によっては、上記の条件を満たす方で簿記2級の試験に合格している方であっても、受講をお断りする可能性もあるので、ご了承下さい。
なお、これまでtwitter校で勉強したことのない方で、申し込みを希望される方は南宛にご連絡ください。勉強の動機やこれまでの勉強の様子、あるいはお人柄などを勘案して、参加の可否を判断させて頂きます。

 

【質問対応】

質問対応用の専用のアプリ、サイト(ラインワークス)で、掲示板形式で質問ができます。第1期生~第3期生の過去の質問も閲覧できます。勉強報告は、これまで同様、twitterで行ってもらいます。簿記の教室メイプルtwitter校では、みなさんが前向きな姿を書き込んで下さって、それにお互いがプラスの影響を受けあって、全体として良い環境が出来上がっていると思います。そんな雰囲気をさらに高めるために、簿記1級第4期生にも積極的に前向きでポジティブなtweetを行ってもらいたいと思います。

 

【開講時期】

2020年7月スタートです。

 

【受講料】

受講料は2021年6月までの期間で上記カリキュラムをすべて含み税抜125,000円、税込137,500円です。

【お支払方法】

お支払方法は、銀行振込、クレジットカード、教室受付にて現金払い、があります。クレジットカードの場合、分割払いも可能です。銀行振込や教室受付現金払いの場合は、基本的に一括でのお支払いをお願いしていますが、分割の希望がある場合はご相談ください。

 

【お申込みの流れ】

まずは、南宛にDM等で受講の意志をお伝えください。そこでお話ししたうえで、内定を出させて頂きます(もちろん内定が出ない場合もあります)。内定が出た方は、以下の申込フォームからネット上で申し込み手続きを行って下さい。その後、申込フォームに記入された住所宛に、受講承諾書(受講契約書)を2部送らせて頂きます。内容を確認の上、承諾して頂けたらサインをして、2部とも簿記の教室メイプル宛に送って下さい(返信用封筒も同封しておきます)。到着次第、私のほうもサインをさせて頂き、1部を再度お送りさせて頂きますので、受講終了まで保管しておいて下さい。そこまで完了したのちに、受講料のお支払い手続きをお願いさせて頂きます。なお、手続きに時間がかかりますので、講座自体は、お申込み手続き中に開始します。

 

【簿記1級お試し講座】

簿記1級講座のサンプルとしてテキスト、個別問題集、総合問題集、確認テスト、動画解説を簿記の教室メイプルtwitter校のサイトに公開しております。受講をお考えの方は、それをお試しいただいて参考にして下さい。

 

【簿記1級を受講、受験することのリスクについて】

簿記1級の合格率は全国平均で10%前後です。独学で挑む方は少なく、また、公認会計士受験生も力試しとして受験することが多いので、受験生のレベルも十分高い中での10%前後です。よって、やはり簡単に合格できる試験ではありません。なので、1年間受講されて10万円を超える受講料をご負担いただいても望ましい結果が得られないことも十分にあります。そのリスクを十分にご理解いただいたうえで、お申込みを検討して頂けますよう、よろしくお願いします。なお、お申込時には受講承諾書の記入をお願いさせて頂きますが、そこには上記リスクについても了承した旨、記載させて頂きます。

 

【不合格時のフォローについて】

簿記1級の試験は、期限を区切って真剣に取り組むことをオススメしています。よって目標とする試験に合格できず、点数も芳しくなかった場合は、その時点で試験から撤退するのも1つの考え方です。ただし、ある一定の点数を獲得したうえで不合格となった場合は、これまでの勉強方法も間違っていない、そしてもう一息頑張れば合格できそうだという場合は、次回の試験までフォロー(基本的に有料)させて頂くつもりです。

 

【受講相談について】

簿記1級講座に関して、一番多い質問が、「今の私の実力で参加することができるか?」というものです。この質問に関しては、個々人で全く異なりますので、直接南宛に連絡して頂き、ご確認下さい。私のほうでも正直に意見を言わせて頂きます。それ以外にも、受講に関して質問がある方は、DMでもメールでも結構なので、お気軽にお問合せ下さい。よろしくお願いします。

お申込フォームへ↓





 

 

 


簿記1級第3期生(2020年3月スタート)クラスについて

2020年2月の第154回簿記検定試験の全国の合格発表終了後に、簿記1級第3期生クラスをスタートします。

講座の内容を紹介させて頂きます。

 

【カリキュラム】

1.基礎学習期

簿記の教室メイプルtwitter校用のテキストを用いて学習していきます。
教材は、テキスト、個別問題集、総合問題集、確認テストを講座専用グループウェア(ラインワークス)からダウンロードして頂き、学習して頂きます。
ユーチューブの限定配信による動画解説もあります。
テキスト学習後に、該当論点を固めるための個別問題集、該当箇所以前の内容を忘れないようにするための総合問題集を解いて頂き、各回ごとの確認テストにチャレンジして頂きます。
学習期間はおよそ6か月を想定しています。

2.試験対策期

基礎学習期が終了したら、試験対策期に入ります。過去、出題された標準的な個別問題レベルの問題(メイプルオリジナル問題)を解いて頂き、動画解説で解き方の手順や下書用紙の作り方を学習して頂きます。ある意味、ここが最も重要な期間になると思います。独学では、基礎学習期に相当するテキストや答案練習期の過去問題、予想模試は入手できると思いますが、その間を繋ぐ教材がなかったり、勉強の進め方がわからないというのが最大のネックだと思います。また、その間が簿記1級は途方もなくかけ離れているので、そこを繋ぐとても貴重で意味のある講座です。
学習期間はおよそ3か月を想定しています。

3.答案練習期

試験対策期で解答の導き方を習得した後に、いよいよ答案練習に入ります。ここでは、試験と同じように商会工原の問題を制限時間内で解いて頂きます。その後、動画解説を見て復習して頂きます。
学習期間はおよそ3か月を想定しています。

 

【受講期間】

受講期間は2021年6月の試験までです。ただし、2021年6月の試験で結果の出なかった方は、基本的に有料となりますが、上級クラスを用意したいと思います。

 

【目標試験期】

第3期生は2021年6月試験合格を目標とします。ただし2020年11月の試験での合格を目指したいという希望があり、勉強もこなせるようであれば、対応させて頂きます。

 

【受講定員】

第3期生は20名とします。基礎講座スタート時には第1期生、第2期生も在籍しているので、20名が対応させて頂ける限度と考えています。

 

【受講資格】

基本的に簿記の教室メイプルtwitter校の簿記2級第3期生及びそれ以前にtwitter上で私(南)と質問のやり取りをさせて頂いた方とさせて頂きます。他の級もそうですが、簿記1級はそれ以上にお互いの信頼関係が必要になるからです。また、生徒さん同士のコミュニケーションも重視しているからです。なので、場合によっては、上記の条件を満たす方で簿記2級の試験に合格している方であっても、受講をお断りする可能性もあるので、ご了承下さい。
なお、これまでtwitter校で勉強したことのない方で、申し込みを希望される方は南宛にご連絡ください。勉強の動機やこれまでの勉強の様子、あるいはお人柄などを勘案して、参加の可否を判断させて頂きます。

 

【質問対応】

質問対応用の専用のアプリ、サイト(ラインワークス)で、掲示板形式で質問ができます。第1期生、第2期生の過去の質問も閲覧できます。勉強報告は、これまで同様、twitterで行ってもらいます。簿記の教室メイプルtwitter校では、みなさんが前向きな姿を書き込んで下さって、それにお互いがプラスの影響を受けあって、全体として良い環境が出来上がっていると思います。そんな雰囲気をさらに高めるために、簿記1級第3期生にも積極的に前向きでポジティブなtweetを行ってもらいたいと思います。

 

【開講時期】

2020年3月下旬にはスタートする予定です。

 

【受講料】

受講料は2021年6月までの期間で上記カリキュラムをすべて含み税抜125,000円、税込137,500円です。

【お支払方法】

お支払方法は、銀行振込、クレジットカード、教室受付にて現金払い、があります。クレジットカードの場合、分割払いも可能です。銀行振込や教室受付現金払いの場合は、基本的に一括でのお支払いをお願いしていますが、分割の希望がある場合はご相談ください。

 

【お申込みの流れ】

まずは、南宛にDM等で受講の意志をお伝えください。そこでお話ししたうえで、内定を出させて頂きます(もちろん内定が出ない場合もあります)。内定が出た方は、以下の申込フォームからネット上で申し込み手続きを行って下さい。その後、申込フォームに記入された住所宛に、受講承諾書(受講契約書)を2部送らせて頂きます。内容を確認の上、承諾して頂けたらサインをして、2部とも簿記の教室メイプル宛に送って下さい(返信用封筒も同封しておきます)。到着次第、私のほうもサインをさせて頂き、1部を再度お送りさせて頂きますので、受講終了まで保管しておいて下さい。そこまで完了したのちに、受講料のお支払い手続きをお願いさせて頂きます。なお、手続きに時間がかかりますので、講座自体は、お申込み手続き中に開始します。

 

【簿記1級お試し講座】

簿記1級講座のサンプルとしてテキスト、個別問題集、総合問題集、確認テスト、動画解説を簿記の教室メイプルtwitter校のサイトに公開しております。受講をお考えの方は、それをお試しいただいて参考にして下さい。

 

【簿記1級を受講、受験することのリスクについて】

簿記1級の合格率は全国平均で10%前後です。独学で挑む方は少なく、また、公認会計士受験生も力試しとして受験することが多いので、受験生のレベルも十分高い中での10%前後です。よって、やはり簡単に合格できる試験ではありません。なので、1年間受講されて10万円を超える受講料をご負担いただいても望ましい結果が得られないことも十分にあります。そのリスクを十分にご理解いただいたうえで、お申込みを検討して頂けますよう、よろしくお願いします。なお、お申込時には受講承諾書の記入をお願いさせて頂きますが、そこには上記リスクについても了承した旨、記載させて頂きます。

 

【不合格時のフォローについて】

簿記1級の試験は、期限を区切って真剣に取り組むことをオススメしています。よって目標とする試験に合格できず、点数も芳しくなかった場合は、その時点で試験から撤退するのも1つの考え方です。ただし、ある一定の点数を獲得したうえで不合格となった場合は、これまでの勉強方法も間違っていない、そしてもう一息頑張れば合格できそうだという場合は、次回の試験までフォロー(基本的に有料)させて頂くつもりです。

 

【受講相談について】

簿記1級講座に関して、一番多い質問が、「今の私の実力で参加することができるか?」というものです。この質問に関しては、個々人で全く異なりますので、直接南宛に連絡して頂き、ご確認下さい。私のほうでも正直に意見を言わせて頂きます。それ以外にも、受講に関して質問がある方は、DMでもメールでも結構なので、お気軽にお問合せ下さい。よろしくお願いします。

お申込フォームへ↓





 

 

 

【簿記1級教材サンプル】

1級商業簿記第1章の教材サンプル(テキスト、個別問題集)をアップします。第1章は総論なので、ヴォリュームはとても少ないです。また、確認テストもありません。第2章から本格的な内容になっていきます。第2章までサンプルを公開する予定です。

 


・1級商業簿記 第1章 総論 テキスト

“1級商業簿記 第1章 テキスト” をダウンロード 1級商業簿記第1章-総論-テキスト.pdf – 347 回のダウンロード – 356 KB

・1級商業簿記 第1章 総論 解説動画

・1級商業簿記 第1章 総論 個別問題集

“1級商業簿記 第1章 個別問題集” をダウンロード 1級商業簿記第1章-総論-個別問題集.pdf – 205 回のダウンロード – 67 KB

・1級商業簿記 第1章 総論 個別問題集 解答

“1級商業簿記 第1章 個別問題集 解答” をダウンロード 1級商業簿記第1章-総論-個別問題集-解答.pdf – 122 回のダウンロード – 50 KB

 


・1級商業簿記 第2章 現金・預金 テキスト

“1級商業簿記 第2章 現金・預金 テキスト” をダウンロード 1級商業簿記第2章-現金・預金-テキスト.pdf – 157 回のダウンロード – 257 KB

・1級商業簿記 第2章 現金・預金 解説動画

・1級商業簿記 第2章 現金・預金 個別問題集

“1級商業簿記 第1章 現金・預金 個別問題集” をダウンロード 1級商業簿記第2章-現金・預金-個別問題集.pdf – 113 回のダウンロード – 203 KB

・1級商業簿記 第2章 現金・預金 個別問題集 解答

“1級商業簿記 第1章 現金・預金 個別問題集 解答” をダウンロード 1級商業簿記第2章-現金・預金-個別問題集-解答.pdf – 89 回のダウンロード – 166 KB

・1級商業簿記 確認テスト 第1回

“1級商業簿記 確認テスト 第1回” をダウンロード 1級商業簿記-確認テスト-第1回.pdf – 134 回のダウンロード – 103 KB

・1級商業簿記 確認テスト 第2回

“1級商業簿記 確認テスト 第2回” をダウンロード 1級商業簿記-確認テスト-第2回.pdf – 118 回のダウンロード – 115 KB

第2章まで学習が終われば、確認テストの第1回と第2回が解けます。

制限時間は1枚10分です。

すでに正式に簿記1級講座を申し込まれている方は、1枚10分で解いて写真を撮ってtwitterのDMかメールで私宛に送って下さい。

私が採点させて頂きます。もちろん、解き終わらなくても1枚10分を遵守して下さい。

確認テストの結果は、上位3名をtwitter上で公表させて頂きます。

1回ごとだけでなく、累積の成績も公表する可能性も検討しています。

1回1回ごとの確認テストに真剣に取り組んで下さい。

・1級商業簿記 確認テスト 第1回、第2回 解答

“1級商業簿記 確認テスト 第1回、第2回 解答” をダウンロード 1級商業簿記-第1回、第2回-確認テスト-解答.pdf – 99 回のダウンロード – 2 MB

・1級商業簿記 総合問題集 第1回 問題

“1級商業簿記 総合問題集 第1回 問題” をダウンロード 1級商業簿記-総合問題集-第1回.pdf – 114 回のダウンロード – 309 KB

・1級商業簿記 総合問題集 第1回 答案用紙

“1級商業簿記 総合問題集 第1回 答案用紙” をダウンロード 1級商業簿記-総合問題集-第1回-答案用紙.pdf – 69 回のダウンロード – 403 KB

・1級商業簿記 総合問題集 第1回 解答

“1級商業簿記 総合問題集 第1回 解答” をダウンロード 1級商業簿記-総合問題集-第1回-解答.pdf – 72 回のダウンロード – 352 KB

 


簿記の教室メイプルtwitter校 簿記1級講座を始動します!

第1期生向けのご案内

【簿記1級講座を始動する理由やきっかけ】

これまで、twitter上でみなさんとたくさんお話しさせて頂いて、簿記1級講座を開催してもらいたいという声をたくさん頂きました。身に余る光栄で、大変感謝しています。ただし、簿記1級の場合は、教える側としても簿記3級や簿記2級と同じようなスタンスでは取り組むことができず、本腰を入れないと実施することはできません。本腰を入れるとなると、膨大な時間とコストが必要になってきます。そうなると、簿記3級や簿記2級と同じように無償で行うことは出来ない、でもだからといって簿記1級からはお金を頂くとなると、これまでtwitter上で行ってきた簿記の教室メイプルtwitter校の趣旨を誤解させることになる、結局はお金儲けの宣伝だったのかと思われてしまうのがとても嫌で、であれば、これまで同様、簿記3級と簿記2級だけを無償で行って、簿記1級については、何も行わない方が良いと思っていました。ですが、今回、有料でも良いので開催してもらいたいという声を、本当にたくさんの方から頂くことができました。みなさんが、そこまで求めて下さっているのであれば、たとえ誤解されようとも、やらなければいけないと思いました。出来るだけ多くの方に合格して頂くために良質なものを提供させて頂くとともに、できるだけコストを抑えて、受講料にも反映させていこうと思います。

【カリキュラム】

1.基礎学習期

簿記の教室メイプルtwitter校用のテキストを用いて学習していきます。
教材は、テキスト、個別問題集、総合問題集、確認テストを専用サイトからダウンロードして頂き、学習して頂きます。
基本的にはテキストを読んで学習を進めて頂きますが、動画解説があった方がわかりやすい、理解が深まるであろうと思われる個所は、動画解説も用意します。
テキスト学習後に、該当論点を固めるための個別問題集、該当箇所以前の内容を忘れないようにするための総合問題集を解いて頂き、各回ごとの確認テストにチャレンジして頂きます。
学習期間はおよそ6か月を想定しています。

2.試験対策期

基礎学習期が終了したら、試験対策期に入ります。過去、出題された標準的な個別問題レベルの問題(メイプルオリジナル問題)を解いて頂き、動画解説で解き方の手順や下書用紙の作り方を学習して頂きます。ある意味、ここが最も重要な期間になると思います。独学では、基礎学習期に相当するテキストや答案練習期の過去問題、予想模試は入手できると思いますが、その間を繋ぐ教材がなかったり、勉強の進め方がわからないというのが最大のネックだと思います。また、その間が簿記1級は途方もなくかけ離れているので、そこを繋ぐとても貴重で意味のある講座です。
学習期間はおよそ3か月を想定しています。

3.答案練習期

試験対策期で解答の導き方を習得した後に、いよいよ答案練習に入ります。ここでは、試験と同じように商会工原の問題を制限時間内で解いて頂きます。その後、動画解説を見て復習して頂きます。
学習期間はおよそ3か月を想定しています。

 

【受講期間】

受講期間は1年です。ただし、第1期生に関しては教材提供に時間がかかりスケジュールが遅れる可能性もあるので、1年半(2020年11月試験まで)とします。

 

【目標試験期】

第1期生は2020年6月試験合格を目標とします。ただし、上記のようなリスクがあるので、11月試験まで対応します。

 

【受講定員】

初回の第1期生は10名とします。はじめての試みなので、大勢の受講者に対応しきれない可能性があるからです。

 

【受講資格】

簿記の教室メイプルtwitter校の簿記2級第1期生及びそれ以前にtwitter上で私(南)と質問のやり取りをさせて頂いた方に限らせて頂きます。他の級もそうですが、簿記1級はそれ以上にお互いの信頼関係が必要になるからです。また、上記の条件を満たす方で簿記2級の試験に合格している方であっても、受講をお断りする可能性もあるので、ご了承下さい。

 

【質問対応】

質問対応用の専用のアプリあるいはサイトを用意して、そこで掲示板形式で質問ができるようにします。勉強報告は、これまで同様、twitterで行ってもらおうと思っています。簿記の教室メイプルtwitter校の簿記2級第1期生の成功は、みなさんが前向きな姿を書き込んで下さって、それにお互いがプラスの影響を受けあって、全体として良い環境が出来上がったと思っています。そんな雰囲気を簿記1級でも作っていければと思います。

 

【開講時期】

2019年7月中にはスタートする予定です。

 

【受講料】

受講料は1年間(第1期生は1年半)で上記カリキュラムをすべて含み125,000円(税別)を予定しています。申込受付開始時に正式な金額を発表しますが、前述の金額から大きく変わることはないと思っています(使用するシステムなどでコストが変わってくるので、まだ未定とさせて頂いております)。

 

【簿記1級お試し講座】

近日中に、サンプルとしてテキスト、個別問題集、総合問題集、確認テスト、動画解説を簿記の教室メイプルtwitter校のサイトに公開する予定なので、受講をお考えの方は、それをお試しいただいて参考にして下さい。

 

【簿記1級を受講、受験することのリスクについて】

簿記1級の合格率は全国平均で10%前後です。独学で挑む方は少なく、また、公認会計士受験生も力試しとして受験することが多いので、受験生のレベルも十分高い中での10%前後です。よって、やはり簡単に合格できる試験ではありません。なので、1年間受講されて10万円を超える受講料をご負担いただいても望ましい結果が得られないことも十分にあります。そのリスクを十分にご理解いただいたうえで、お申込みを検討して頂けますよう、よろしくお願いします。なお、お申込時には受講承諾書の記入をお願いさせて頂きますが、そこには上記リスクについても了承した旨、記載させて頂きます。

 

【不合格時のフォローについて】

簿記1級の試験は、期限を区切って真剣に取り組むことをオススメしています。よって目標とする試験に合格できず、点数も芳しくなかった場合は、その時点で試験から撤退するのも1つの考え方です。ただし、ある一定の点数を獲得したうえで不合格となった場合は、これまでの勉強方法も間違っていない、そしてもう一息頑張れば合格できそうだという場合は、次回の試験までフォロー(有料の可能性もあり)させて頂くつもりです。詳しくは、お申込時に確認して下さい!

 

【早期申込、受講相談について】

現在すでに何名かの方から問い合わせを頂いており、申し込みを決めている方もいらっしゃいます。講義に関することや定員が気になる方で、もう少し、話しを聞きたいという方は、twitterのDMで南宛に連絡ください。よろしくお願いします。

 

日商簿記1級twitter校特別講座申込ページは以下よりお進み下さい。

お申込ページの注意点

・教材はダウンロードして頂きますので、「教材送付」とありますが、送付はありません。

・コメント欄にtwitteでの名称を記入して下さい。

・ネットでの申込終了後、書面の受講承諾書(契約書)をご登録頂いた住所に送らせて頂きます。それに署名し、ご返送(返信用の封筒(切手貼付済)も一緒に同封しておきます)頂いて、メイプルで受理した時点で、正式なお申込完了となります。

・不明な点があれば、ご質問ください。

PAGETOP
Copyright © 簿記の教室メイプルtwitter校 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.